ASHADA(アスハダ) 美容液の成分、正しい使い方は?

美容液

妻が欲しいと言ってるASHADA(アスハダ)プラセンタ美容液。

「買うのは良いけど、成分は何?使い方は?」

が気になり調べました。

 

結論は、

・アスハダにはユニークなプラセンタと羊膜エキスが成分として配合されている

・使い方は普通の美容液と同じ

でした。

紹介します。

 

アスハダを最安値で購入する方法、返金制度、解約方法は

記事:ASHADA(アスハダ)の最安値は定期コース?賢い人の買い方は?

にまとめましたので、ご覧ください。

 

【マニアック】ASHADA(アスハダ) プラセンタ美容液の成分『プラセンタ』と『羊膜エキス』を解説します

アスハダ効果

アスハダ美容液の商品説明によると、全成分は、

水、加水分解ウマ羊膜エキス、ヒアルロン酸Na、ヒトオリゴペプチド-1、プラセンタエキス、アスコルビルリン酸Na、加水分解コラーゲン、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、水添レシチン、ダイズ油、オレイン酸Na、EDTA-2Na、PEG-40、水添ヒマシ油、フェノキシエタノール

ですが、中でも特に重要なのが、プラセンタと羊膜エキスです。

 

かなりマニアックな解説ですが、ASHADA(アスハダ) プラセンタ美容液のアンチエイジング効果は科学的に立証されています。

 

ASHADA(アスハダ) プラセンタ美容液には、高濃度プラセンタ、EGF(細胞再生因子)、コラーゲン、ヒアルロン酸が潤沢に配合されています。中でも特徴的なのは、プラセンタに羊膜エキスを含んでいることです。

 

羊膜とは、『プラセンタ=胎盤』の一部で、卵にある卵殻膜と同じです。羊水を含む、希少で薄くて丈夫な赤ちゃんを包む膜で、その羊膜から抽出したのが羊膜エキスです。

 

羊膜エキスはプラセンタ以上にアンチエイジングケアに期待できると言われるほど、美容業界で注目を集めています。

 

最近の研究では、プラセンタには健康に必要な栄養素が数多く含まれてることと、その栄養素の多さに美容業界や再生医療にも用いられるようになりました。

 

さらには体内で作り出すことができない必須アミノ酸や、今も科学で解明されていない未知の成分も配合されていると言われており、胎盤にはたくさんの栄養と未だ解明されていない不思議な作用、可能性を持っているのです。

 

また、プラセンタエキスと羊膜エキスの成分は全く異なります。プラセンタはアミノ酸・ペプチド・ビタミン・ミネラルなどを含み、様々な微量成分が総合的に働きかけます。

 

一方、羊膜にもプラセンタ同様、様々な微量成分が含まれていますが、特に細胞を活性化させる成分の『成長因子(グロースファクター)』が豊富に含まれており、ピンポイントでお肌の再生に働きかけます。

 

具体的には以下のような成長因子が含まれています。

・EGF(上皮細胞増殖因子):素肌、お肌のターンオーバーを促進させる
・HGF(幹細胞増殖因子):正常な幹細胞の増殖を促す
・KGF(角化細胞増殖因子):ターンオーバーを促進、毛母細胞を活性活性化させる
・FGF(綿維芽細胞増殖因子):真皮のコラーゲンを生み出す綿維芽細胞の増殖を促進させる
・GDF-11(成長多様化因子):ハーバード大学が研究した「若返り因子」で、幹細胞(細胞の元となる細胞)やコラーゲン、エラスチンなどの増殖を促し、皮膚の再生やアンチエイジングが期待できる

 

これらが豊富に含まれる羊膜は、ピンポイントでお肌の再生、うるおいに働きかけます。

 

素肌、お肌のターンオーバーを促進できればメラニンの生成を抑えてシミを予防でき、幹細胞の増殖を促すことで再生力が高まります。

 

加齢とともに傷の治りが遅くなるのは再生力の低下が原因と言われており、これらの成長因子がアンチエイジングに有効です。

 

また、羊膜エキスはそれ自体が大変希少でほとんど流通しておらず、プラセンタエキスと比較すると価格も高価です。ASHADA(アスハダ)は、羊膜エキスとプラセンタを贅沢に配合した、新開発のエイジングケアに特化した美容液です。

 

 

ASHADA(アスハダ) プラセンタ美容液の実力を最大限に引き出し、効果を実感する正しい使い方

羊膜エキスを配合しているASHADA(アスハダ) プラセンタ美容液ですが、間違った使い方をすると効果半減どころか、逆効果になります。正しくスキンケアを継続するためにも、使い方をマスターし、マイナス10歳肌を目指しましょう。

Step1:化粧水でお肌を整える
皮脂や汚れを落とした後、化粧水で保湿し、お肌を整え、下準備を済ませましょう。洗顔後、普段お使いの化粧水でお肌を整えてください。

Step2:ASHADA(アスハダ) プラセンタ美容液を50円玉くらいの大きさに手に取る
10円玉、100円玉ではなく、50円玉くらいの大きさが重要というわけではありませんが、量が足りないと思った場合は重ね付けしてください。手に取った後は、しっかりと手のひらで温めると、より一層お肌に馴染みます。使用量はあくまでも目安です。化粧水がお肌に残ったままですと、ベタつきの原因になりますので、少し時間を置いてから使用てください。

Step3:内から外へ、下から上へ優しく馴染ませる
ASHADA(アスハダ) プラセンタ美容液を顔全体に行き渡らせるように内から外へ、下から上へ優しく馴染ませ、優しくハンドプッシュすると、より浸透しやすくなります。重点的にケアしたい箇所には、もう1プッシュ分追加するとより効果を実感できます。

Step4:乳液・クリームで閉じ込める

普段ご利用の乳液・クリームの油分で浸透したASHADA(アスハダ) プラセンタ美容液を閉じ込めます。もちろんASHADA(アスハダ) プラセンタ美容液だけでも効果はありますが、油分で蓋をしてあげることで長時間お肌のもちもち・潤い感が持続します。

注意:ASHADA(アスハダ) プラセンタ美容液よりも、先に乳液やクリームを使用すると油分が邪魔をし、ASHADA(アスハダ) プラセンタ美容液の成分が浸透しづらくなります。使用する順番には注意してください。

ASHADA(アスハダ) プラセンタ美容液の最安値は、ここ
↓↓↓公式通販キャンペーンサイト↓↓↓
初回65%OFFの1,980円でお得に試せます。

 

アスハダを最安値で購入する方法、返金制度、解約方法は

記事:ASHADA(アスハダ)の最安値は定期コース?賢い人の買い方は?

にまとめましたので、ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました